Fandom


仮面ライダージオウ
テレビドラマ
原作 石ノ森章太郎
監督 田﨑竜太中澤祥次郎坂本浩一
諸田 敏上堀内佳寿也山口恭平
田村直己柴崎貴行
制作 テレビ朝日東映ASATSU-DK
放送局 テレビ朝日系
放送期間 2018年9月2日 - 2019年8月25日
話数 全49話
テンプレート使用方法 ノート

仮面ライダージオウ』(かめんライダージオウ、欧文表記:KAMEN RIDER Zi-O)は、2018年平成30年)9月2日から2019年(平成31年)8月25日までテレビ朝日系列で毎週日曜日9時00分から9時30分(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。字幕放送ハイビジョン制作

「平成仮面ライダーシリーズ」第20作品記念作にして最終作である。キャッチコピーは「俺は仮面ライダーの王となる!」、「祝え!新たな王の誕生を!」、「祝え!次代の王の誕生を!

劇場版各作品やその他の作品、それらに登場する人物や仮面ライダーを始めとする事柄などについては、他媒体展開の各項目を参照。


あらすじ 編集

 普通の高校生、常盤ソウゴ。彼には魔王にして時の王者、オーマジオウとなる未来が待っていた。ある日突然ライドウォッチを手にしてしまったソウゴは、オーマジオウが支配する荒廃した2068年からやって来た明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツに命を狙われてしまう。逃げ惑う中、同じく2068年から来たツクヨミの手助けによって一旦は命拾いしたが、そこに現れたウォズがソウゴにジクウドライバーを授けたことにより、ソウゴはオーマジオウへの第一歩、仮面ライダージオウに変身してしまう。果たしてソウゴはこのままオーマジオウになってしまうのか?それともゲイツがジオウを倒し未来を変えるのか?やがて物語は謎の存在、タイムジャッカーの暗躍によって過去や未来、そして歴代平成仮面ライダー達を巻き込んだ大きな渦へと発展していく…

特徴 編集

キャラクター
本作ではライダーのモチーフとして「時計(主に腕時計)」「文字」、怪人のモチーフとして「歴代仮面ライダー」というライダー作品としては斬新かつ前例のないなものを採り入れている。前者について東映側プロデューサー・白倉伸一郎は、「最初は歴代平成ライダー型のロボットに乗って戦うという案だったが、CG予算の関係上時計モチーフに収まった」と語っている[1]
ストーリー
基本的には一つのエピソードでアナザーライダーと呼ばれる存在が歴代平成仮面ライダーシリーズの歴史を改変し、そのアナザーライダーを倒そうとする2018年~2019年のソウゴ達の前に歴代キャラクターが再登場する。そしてそこから歴代作品のストーリーや設定が深く関わるストーリーが繰り広げられる。また歴代平成ライダーの放送開始年にタイムスリップしたり、多くの話で2話完結型を採用しているなど電王との共通点が多い。
作品全体
同じ記念作のディケイドと比べ、今作ではジオウのキャラクターや設定をかなり重視している。

配役 編集

常盤ソウゴを演じる奥野 壮は主役ライダーを演じる役者としては初の2000年代生まれである。

声優
今作では平成最初のライダー作品『仮面ライダーBLACK RX』の霞のジョー役を務めた小山力也が「オーマジオウ」の声およびオープニングナレーション、各種連動アイテムの音声を担当する。
スタッフ
脚本は『仮面戦隊ゴライダー』以来2年ぶりに下山健人がメインライター及びTVシリーズのライターとして初めて起用された他、一部の話(下山が劇場版2本を執筆していた時期のもの)は主に毛利亘宏が手がけた。平成ライダーシリーズ第一期の殆どに関わっている井上敏樹は本作の35、36話において約12年ぶりにTVシリーズに参加する。
演出面では、メイン監督に田﨑竜太を、その他の監督には中澤祥次郎坂本浩一諸田 敏など多彩な顔ぶれが集結した他、平成ライダーTVシリーズには初参加となる上堀内佳寿也が参加した。
劇中音楽は平成ライダーシリーズでは5作目となる佐橋俊彦が担当した。音楽はエスニックなインド調の音楽を基本としつつもモジューラシンセを駆使した現代調のものなども加わる。また、メインテーマなどで使われる特定の旋律が他の楽曲にてアレンジされていることが多いことも本作の特徴の1つと言える。
主題歌はダンスユニット・AAAのボーカル、末吉秀太とダンスユニット・DA PUNPのリーダー、ISSAがユニットを組み、「Shuta Sueyoshi feat. ISSA」として担当。

多媒体展開 編集

劇場版編集

長編映画
長編映画は先行登場も含め4作品だが、TV本編とリンクした内容が描かれているのは1本のみである。
劇場版 仮面ライダービルド Be The One
2018年8月5日公開。エンドロール終了後に白いパンドラパネルが繋いだ異世界に出現し、仮面ライダービルド/桐生戦兎に自分は魔王になる旨を語った。TVシリーズとの関連性は不明で、TV本編に先駆けてタイムマジーンとビルドアーマーが先行登場する。
平成仮面ライダー20作品記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER
2018年12月22日公開。仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010から続くMOVIE大戦シリーズの10作目。TVシリーズとはリンクせず、TV本編の19話に先駆けてダブルアーマーが、33話に先駆けてクウガアーマーが先行登場する。
劇場版 仮面ライダージオウ Over Quatzer
2019年7月26日公開。TVシリーズとはリンクせず、TV本編とは違うもう一つの最終回を描く。
Vシネクスト
仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ・マジェスティ

引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。